種類と契約形態

category

墓地の種類と種別

墓地には経営者別に種類があり、墓地を使用できる条件や募集形態が異なります。

宗教法人経営

  • 檀信徒専用墓地(寺院墓地)

    • 特徴:経営者の宗教を信仰し、檀信徒契約を結ぶことで墓地を使用できる。空き墓地があれば随時申込が可能で、区画や大きさを自由に選択ができるが、経営者の審査(面談等)後に檀信徒契約ができる。
  • 宗教不問の墓地(民営霊園)

    • 特徴:宗教を問わず墓地を使用できる。空き墓地があれば随時申込が可能で、区画や大きさ自由に選択ができる。

財団法人経営

  • 宗教不問の墓地(民営霊園)

    • 特徴:宗教を問わず墓地を使用できる。空き墓地があれば随時申込が可能で、区画や大きさ自由に選択ができる。

市町村(自治体)による経営

  • 市町村の住民が使用できる墓地(公営霊園)

    • 特徴:宗教を問わず墓地を使用できる。墓地の申し込みは市町村が募集する期間内に限り申し込みが可能で、区画は抽選により決定される。

契約形態と使用期間

墓地使用権は墓地経営者が定めた墓地使用規則を了承し、定められた墓地使用料を納付することで取得できます。住宅のように地所の登記はできず、墓地を使用する権利が得られるだけで、所有権は得ることができません。
墓地使用権には使用期間が無期限の《永代使用契約》と期間の定がある《期限付使用契約》があるので自分たちに適したところを探すとよいでしょう。
また、墓地の継承者の有無により埋蔵したご遺骨や建立した石塔の取り扱い方法が規定されている場合があるので墓地使用条件をよく検討してから契約をすることをお勧めします。

適した墓地使用期間は?

子どもも孫もいるのでしばらくはお墓の管理はできそう。

永代使用契約

無期限
子どもがいないのでいずれ無縁墓になってしまいそう。

期限付き使用契約

期限付き